« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月

2007年12月31日 (月)

一年のご愛読ありがとうございました。

Img_1989b 2007年、ブログに遊びに来て下さった皆さま、ありがとうございました。

この一年の私の大きな出来事はコラージュ教室を開始したこと。

お客様との出会いや作品を通しての感動など貴重な体験が多く、しあわせを沢山頂きました!!

本当にありがとうございました。

そして、スターフェリシモ活動では1~3期生、スタッフの方たちとの出会いを通して、興味の幅が広がりました。

さらに身近にいる友達やブログを通して触発され、興味を持ち、チャレンジしてみたら楽しくて、嬉しいことに趣味も一つ二つと増えました。

大好きを追求している皆さんに大いに刺激を受け、私も来年は自分の大好きをもっと積極的に追及していきますね。

パラダイスな作品を生み出したい。

2008年は飛びましょう。

それぞれの方向に羽ばたいて、世界を眺め、日本を知り、何をすべきか考え、行動に移しましょう。

日々の生活に面白みを見出し、楽しんで暮らしましょう。

穏やかな心で人と接し、ステキな部分は吸収しちゃいましょう。

それでは、みなさん明日から2008年。

始まるってワクワクしますね。

それではまた明日。

よいお年を。

| | コメント (0)

ふゆやすみ

Img_1942b 小学校の冬休みは22日(土)から始まりました。

そして、ウチの長男も冬休みと同時にインフルエンザ発症しました。

ということで、ずっと家の中にこもりきりの私たち親子。

ビデオ三昧の日々でしたが、次男が幼稚園時代に支給された「○・△・□のシールで遊ぼう!」というので親子三人で遊んでみました。

画像の左側が次男の作品。右側が長男。

次男は几帳面に△で屋根をレインボーカラーに彩り。

長男はオランダあたりのグラフィックデザインみたいなお家に仕上げました。Img_2009

私はというと、いつものようにゆるい仕上がり。シール貼りがイマイチなので、落書きで誤魔化しました。

これを見て長男が「化け物!」と叫び、次男も「気持ち悪い」とのたまう始末。でも、私は昔から擬人化した木が好き。

なぜなら、子供の頃『モクモク村のケンちゃん』という英語教材の紙芝居で、悪い魔女に魔法をかけられた木がケンちゃんの行く手をさえぎるシーンが記憶に残っているから。

懐かしいな。

ちなみに手前のフィンランドの仲良し夫婦と奥のサンタさんはTOKOさんの個展で購入したもの。夫婦仲良く末永く暮らせるようにという願いを込めて、お守りとしてお家に飾ろうと思ったのです。とても愛嬌のあるお顔で、見ていてココロが温かくなります。

家族なかよしが一番ですね。

| | コメント (2)

大晦日だけど、メリークリスマス☆

Img_2006b クリスマスの話題に触れずまま、大晦日になっちゃいましたので、今頃、メリークリスマス☆遅っ!

次男が幼稚園時代に折った折り紙サンタをフレームに入れて年がら年中、アトリエに飾っています。

もっとクリスマスを演出して楽しめばいいんですけどね。来年はTOKOさんを見習ってがんばります☆

| | コメント (0)

年末年始もDIY?

Img_1950 昨年の今頃からうちのダンナさんのDIY熱は高まり、年末には三段ベッドを作っていました。

その後、エンジンがかかったのか、2Fのトイレの内装。そして長年の夢であったガレージ工房へと着手したのであります。

思えば、この家を建てる時、注文住宅だったのでリビングから続く工房を希望していたダンナさまだったのですが、住宅会社の担当者に「観音開きのドアは高いですよ」とかその他いろいろ否定的意見を言われ、却下してしまいました。

そして11年後、再びあの時の夢をカタチにするべく動き出したってワケです。

当初は木工&バイク置き場の工房と思っていましたが、その後、ワーゲンバスに出会ってしまい、やっとこさ手に入れ、そうするとかわいい愛車を雨風にさらしたくない&いつも見えるところに置いておきたい。というワーゲンバスを愛でる気持ちが、リビングから続くガレージ工房を作ろう!と彼を立ち上がらせたのです。Img_1965b_2

で、只今の状況はリビング近くの工房の屋根の板貼りです。

東側の壁、屋根と板を貼り、大分囲われて部屋っぽくなってきました。

この作業は29日にしたのですが、この日は気温も高く、作業し易かったようです。そして翌日は打って変わって気温が低く。北風ピューピュー。前の日に屋根の板貼りをほぼ仕上げていたので、30日は子供とのふれあいDAYと相成り、バッティングセンターへと出掛けたのでした。Img_1969b

| | コメント (0)

2007年12月28日 (金)

東側に板壁貼りました。

Img_1836b お休み毎のDIYも地道に続いており、只今の状況は骨組みは一応ぐるりと建ちまして、ますますリアルになってまいりました。

東側に板を貼り、とりあえず、デッキの上に置いていた荷物や工具類を移動させました。

そして、今はガレージとダンナさんの部屋となる(旧デッキテラス2/3分)の屋根をどうつなぐかに頭を捻っているところです。Img_1843b

| | コメント (0)

毎日が手作りパン☆

P1060349 ご無沙汰してました。

画像は今月初めに遊びに行った高校時代の友達が用意してくれたお昼ごはん。

家を購入したというので、お邪魔してみるとオープンなキッチンの上に沢山のパンがスタンバイしていました。

全て手作り。なんでも毎日手作りパンを焼き、朝食や子供の塾通いの道中にお腹が空くので持たせているとか。

こんな種類豊富なパンを作ってくれるお母さんステキですよね。お家の中もキレイだし、各部屋にお花を感じさせるあしらいも気が行き届いててスバラシイ☆

なにしろ、彼女は風水に詳しい。

家の中、殆どの物の位置が風水に基づいて置いてあり、全てに意味がある。夏に教室に参加してくれた時もフレームは黄色で、特に山吹色がベターだと言ってたし、そして果物の絵がいいとか言ってたけど、全て風水に基づくものだったのね。P1060351b

そこで、今回新築祝いの手土産にそれらの条件を満たしたコラージュをプレゼントしたら、たいそう喜んでくれて、こちらも嬉しい限り。

なんでも、山吹色のフレームに果物柄、そしてそこに、ちょこっと青が入るとなおいい!そうで、青は知らなかったけど、偶然にも風水的に◎でした~。よかった。よかった。

| | コメント (0)

2007年12月24日 (月)

金沢21世紀美術館

  Img_1821 Img_1817b_2 Img_1818

金沢21世紀美術館は兼六園の近くに位置し、2004年10月に開館し、今や金沢観光では外せないスポットらしい(るるぶ参照)

円形の建物の中は真っ白な壁に行き先方向案内の→→→がペイントされていたり、トイレのマークがこじんまりとして可愛かったり、マーク好きのココロを捉えます。

現在、日比野克彦アートプロジェクト「ホーム→アンド←アウェー」方式開催中です

このプロジェクトの趣旨は「日比野がこれまでの活動で培ったネットワークやシステムをもとに、金沢に人や地域の交流の場をつくりだす。 参加者は自分自身と自らの置かれた環境(ホーム)と、他人や未知の環境(アウェー)を行き来することで自分を発見し、多様な人々と出会い、新しいつながりを作り出していく。 日比野が媒介となって、人と人がつながり、地域と地域がつながる。
会期中には美術館の三つの会場を基点に、日比野の新作や参加型作品の展示、講座、ワークショップが行われるほか、他の事業とも連動し、それぞれが相互に影響しあう空間がつくられる。」だそうです。

日比野さんといえばダンボール作品で有名になった人。今から軽く20年前、高校生の私は日比野さんが司会を務めるNHK教育「YOU」の公開番組を観覧したり、実演アートを観に行くぐらいファンだったことを日比野さんの壁画を観てまざまざと思い出しました。

館内にも日比野作品は3ブースほどあり、地域の人たちと共に仕上げた空間は部屋全体をダンボールで貼りめぐらし、そこにはスーラの点描写のように白、青、黄緑の紙吹雪がびっしりと貼られていました。

ただ貼るだけではなく、所々模様もあり、とにかくこの点描写の空間に身を置くと海の中に迷い込んだような、ソーダ水の中に入ったサクランボのような気持ちになりました。

広々とした点描写空間の中央上部にはダンボールで作られた大きな橋が架かっており、それがフォーカルポイントの役目を果たし、メリハリつけてましたね。気持ちいい空間だったなぁー。

ただ、その空間に身を置くには靴を脱がなくてはならず、ブーツの私達は脱いだり履いたりと忙しい。今回の金沢、何故か至る所で靴を脱ぐ場面に遭遇し、これでもかというほど脱いだり履いたりしました。。。(苦笑)

今度は家族とワーゲンバスで行きたいな。忍者寺の妙立寺松井秀喜ベースボールミュージアムなんて喜びそう♪って私が行きたいんだけどね。

| | コメント (2)

2007年12月23日 (日)

近江町市場♪♪♪

Img_1808b Img_1811b_2  この画像見てるだけで顔がほころびます。

そう、金沢って兼六園や21世紀美術館、城下町そして、近江町市場というたまらなくHAPPYな気分にさせてくれる市場があるんですよ~~~♪

るるぶで近江町市場の存在を知って、ワクワクしてたのですが、実際に市場の通りを歩くと、ボルテージは最高潮に達しましたね。Img_1809b

店先に並ぶ、カニ、かに、蟹!!!迫力~!!甘エビも美味しそう~♪この市場の近くに住みたいと思いましたね。Img_1812b以前も下関の唐戸市場を訪れた時も同じ気持ちになりましたが・・・(苦笑)もろみ蔵の近くには『いきいき市場』もあったし、金沢って、美味しい町なんですね~♪魅力的です☆☆☆

また金沢行きたいな~。

京都から特急サンダーバードで金沢まで2時間あまり、外の景色を眺めながら駅弁も旅番組みたいで楽しいものですね。富山名物、鱒寿司は思った以上に美味しくて、スモークサーモンが好きな私にはヒットでした☆

食べ物のことになると妙に白熱してしまいました~(笑)

 

| | コメント (0)

『小さなクリスマス市2007』 木にペイント

Img_1738 Img_1769_2 TOKOさんの場合、紙に絵を描くのではなくて、板に絵を描くのがお好みの様。確かに、木の木目にイラストを描くと温かみがグンと増しますね♪

それにしても、殆どの作品が『群れを成す』ことによって、賑やかで楽し気。よく見たら一つ一つ形も顔の表情も違うし、丁寧で根気の要る作業をやってのけたのが分かります。

まさに『職人気質』。

金沢は伝統工芸が盛んな町。その土地の気候や風土、家庭環境により育まれた賜物。

今回、石川県の県民性をいろいろと聞いて、私の住んでいる広島との違いを感じて、もの凄く興味深くて、楽しかった~。その土地だからこそ生まれる何かを意識して、大切に思う気持ちって大事ですね。私も、広島県や瀬戸内海、日本を意識した作品創りをしてみようと思ったのでした。

TOKOさんファミリーには、いろいろ教わりました。本当にありがとうございました。

| | コメント (0)

2007年12月22日 (土)

『小さなクリスマス市2007』 醤油ソフトクリーム

Img_1801 みなさん、醤油ソフトクリームって食べたことありますか?

私、初めてだったんですけどね、ビックリしました。

その、何がビックリって、あまりの美味しさに♪♪♪

醤油が入ることによって、こんなにも香ばしくなるなんて!!!

甘さもほのかな醤油を感じつつも、サッパリとしていて、最後まで飽きずに食べられちゃう。

とにかく日本人のDNAが美味しい~~~!!!と叫ばずにはいられないソフトクリームなのでした☆Img_1703b

金沢行ったら、近江市場と醤油ソフトクリームは是非!オススメです。

| | コメント (0)

『小さなクリスマス市2007』 ペーパークラフト

Img_1734  色画用紙をハサミで切り、球にしたり、ツリーやトントゥ型に切り、直立させると、平面的な紙が立体的になり、動きが生まれました。

そこに光りがあたり、影ができ、その影も含めて楽しむというオマケつき。

Img_1735_2『光りと影を楽しむ』そういう楽しみ方もあるんだなと教えられた今回の個展でした☆

| | コメント (0)

『小さなクリスマス市2007』 コラージュ

Img_1731b Img_1792

フィンランドとトントゥのコラージュ2作品です。

フィンランドに訪れた時のチケットや紙幣、写真、藁でできたオーナメント、モールでできたサンタクロースなどフィンランドの国旗を軸にステキにコラージュされていますね。

特に国旗の青に藁のオーナメントの組み合わせがとても映え、ステキです。TOKOさん流、トラベルコラージュ(フィンランド編)ですね。

みなさんも旅の思い出をコラージュしてみませんか?思い出をカタチにすることで、楽しさが蘇りますよ。是非。

| | コメント (0)

『小さなクリスマス市2007』 サンタの組体操

Img_1745

クリスマスをテーマに様々な表現方法で楽しませてくれたTOKOさんの個展。

その作品のバラエティの豊富さにはホント舌を巻きます。

・木工モビール、サンタや雪だるま、サーメ人夫婦などの木工ペイント、板にイラスト。

・ストローヒンメリ、藁やペーパーで星型クラフト、藁オーナメント。

・布を刺繍フレームに挟んでアドベントカレンダー。

・ペーパークラフトのツリーやトントゥなど。

素材は木、布、紙、藁、ストローなど。

飾り方も置くだけではなく、壁に飾ったり、空中に吊るしたりと空間の演出ワザは見習いたいものです。

Img_1747画像はサンタの木工品。トールペイント用のインクではなく、アクリル絵の具で塗っているそう。

一つ置いてるだけでも和みますが、何人ものサンタさんを組み体操みたいに置くことでユーモラスな雰囲気になりますね♪

蔵の中の静寂の中、赤い布の上に赤いサンタの組体操。まるで灯火のよう。マッチ売りの少女が擦ったマッチの炎のごとく、ココロ温かくさせてくれます。

今まで私にとって赤は主張が強くて敬遠していた色だったのですが、今回の個展を見て、イメージがかなり変わりました。赤って温かさを感じますね。あと、情熱と。

TOKOさんにお会いして、体育会系のさわやかなお人柄と情熱に元気を頂きました。ありがとうございました。

| | コメント (0)

2007年12月20日 (木)

『小さなクリスマス市2007』 ビーズ

  Img_1700_2   Img_1693

TOKOさんの作品は何かの集合体が多いことに気付きます。

今回紹介するのはビーズの集合体でリースとツリーです。

ライティングに反射してキラキラ☆輝いています。

TOKOさんの根気とセンスの良さに乾杯♪

★みわとしこてん『小さなクリスマス市2007』★

12月8日(土)~24日(月)

場所 石川県金沢市大野町2-39 『もろみ蔵』

営業時間 11:00~19:00 (土曜10:00~、日祝10:00~18:00)
休業日 水曜日、年末年始
TEL:076-267-6638

Img_1695_3★個展最終週により作品の販売も行われます。

★週末15、16、22、23日午後1時30分から~3時まで手作りワークショップ開催。

| | コメント (0)

『小さなクリスマス市2007』 アドベントカレンダー

Img_1687 Img_1684 壁にリズミカルに吊るしてあるのは、クリスマスまでをカウントダウンするアドベントカレンダーです。

刺繍の木枠に和のテイストが感じられる布を挟んで、小さな丸太の切り口に日付の数字がアクセントになり、とてもチャーミング☆

それに、遠くから引いて見た時のバランスが見事です。配置、色、柄、リズミカルで見ていてワクワクします。

さあ、あなたは何番の柄が好きですか?

★みわとしこてん『小さなクリスマス市2007』★

12月8日(土)~24日(月)

場所 石川県金沢市大野町2-39 『もろみ蔵』

営業時間 11:00~19:00 (土曜10:00~、日祝10:00~18:00)
休業日 水曜日、年末年始
TEL:076-267-6638

Img_1727 ★個展最終週により作品の販売も行われます。

★週末15、16、22、23日午後1時30分から~3時まで手作りワークショップ開催。

| | コメント (0)

『小さなクリスマス市2007』 ヒンメリ

Img_1689 みなさん、ヒンメリって知ってますか?

フィンランドでは17世紀からクリスマスにもみの木を飾るようになりました。それ以前は藁でできたツリーを飾っていたそうです。それをヒンメリといいます。来年の豊穣を祈願するものとして飾られるヒンメリ。

今回、TOKOさんは赤いストローでヒンメリを作っておられました。蔵の隅で赤のヒンメリがライトに照らされて、壁に影絵が浮かびあがりステキでした。

幾何学模様のようでカッコよさもあり、材料はストローという身近な素材だし、これは作ってみる価値アリですね。

作ってみたいなと思われた方、朗報です。週末22、23日午後1時30分から~3時までに開かれるワークショップにて体験できますよ♪是非、御参加あれ。

★みわとしこてん『小さなクリスマス市2007』★

12月8日(土)~24日(月)

場所 石川県金沢市大野町2-39 『もろみ蔵』

営業時間 11:00~19:00 (土曜10:00~、日祝10:00~18:00)
休業日 水曜日、年末年始
TEL:076-267-6638

Img_1798 ★個展最終週により作品の販売も行われます。

★週末15、16、22、23日午後1時30分から~3時まで手作りワークショップ開催。

| | コメント (0)

『小さなクリスマス市2007』 灯り

Img_1688 木箱を動物のカタチにくり抜き、フェルトを貼り、後ろからライトをセットして灯りを点せば、アニマルライトの出来上がり☆ 

文章にするとたった2行だけど、実際考えて、実行して作ったTOKOさんはスゴイです。特に動物のフォルムが美しい。

クリスマスがテーマでサンタさん、トントゥ、動物などをモチーフにTOKOさんのデザインセンスが光ります。 Img_1743

| | コメント (0)

『小さなクリスマス市2007』 蔵の中

Img_1783 元、醤油蔵の扉を開け、中に入ると醤油を陳列した土間があり、そこを抜けて作品が飾られている部屋に入って行きます。Img_1785b

中に入ると、天井が高く、壁は柱が格子状になっており、白壁と柱のコントラストが美しい。木の温かさと貫禄を感じるこの空間がTOKOさんの作品を展示する舞台です。

TOKOさんの暮らす金沢は加賀友禅や九谷焼など伝統工芸が盛んな町。

そして気候は始終曇りのち雨、時々雷の晴れ間の少ない地域なんだとか。そのような気候ゆえに、人々は外より室内で過ごすことが多く、室内での楽しみを見出していったのでしょうか?

Img_1713 それにしても、この高い天井を活かして中央の柱からヒンメリオーナメントをダイナミックに飾りつけたTOKOさんのセンスには脱帽です。Img_1802b

テーマは『クリスマス』で、和の空間に木や藁、布といった自然素材を材料にして様々なクラフト作品を飾りつけたTOKOさん。空間を把握し、リズミカルな作品展示に見る者のココロを弾ませます。そして一つ一つをよ~く見ると、細かな細工や表情に美しさや温かみを感じられ、ず~っとここで眺めていたいと思うのでした。

★みわとしこてん『小さなクリスマス市2007』★

12月8日(土)~24日(月)

場所 石川県金沢市大野町2-39 『もろみ蔵』

営業時間 11:00~19:00 (土曜10:00~、日祝10:00~18:00)
休業日 水曜日、年末年始
TEL:076-267-6638

★個展最終週により作品の販売も行われます。

★週末15、16、22、23日午後1時30分から~3時まで手作りワークショップ開催。

| | コメント (0)

みわとしこてん『小さなクリスマス市2007』

Img_1760_2Img_1718_3スターフェリシモ2期生クラフト作家のみわとしこさん、通称TOKOさんの個展『小さなクリスマス市2007』を見たくて、 滋賀県在住のスターフェリシモ1期生フラワーコーディネーターの橋本さんと金沢に行ってきました。

TOKOさんの愛するものは実に的が絞られていて、

サンタクロース、トントゥ、フィンランド、伝統的な手工芸

その世界を表現したのが、今回の『もろみ蔵』で開かれている『小さなクリスマス市2007』なんですね。Img_1778

金沢市内の的場近くにある『もろみ蔵』は元は醤油蔵だったそうで、木造の立派な柱と白い壁のコントラスト。そして梁が見える高い天井。

そんな風情ある蔵の中で白熱灯の灯りに照らされてキラキラ輝く作品の数々をじっくり見ることができるなんてホント、しあわせな気分に浸れます☆

そんなTOKOワールドをこれから紹介していきますのでお楽しみに♪

★みわとしこてん『小さなクリスマス市2007』★

12月8日(土)~24日(月)

場所 石川県金沢市大野町2-39 『もろみ蔵』

営業時間 11:00~19:00 (土曜10:00~、日祝10:00~18:00)
休業日 水曜日、年末年始
TEL:076-267-6638

★個展最終週により作品の販売も行われます。

★週末15、16、22、23日午後1時30分から~3時まで手作りワークショップ開催。

| | コメント (0)

2007年12月18日 (火)

music&me

music & me Music music & me

アーティスト:原田知世
販売元:ヒップランドミュージックコーポレーション
発売日:2007/11/28
Amazon.co.jpで詳細を確認する

5年ぶりのリリースだそうで、しかも今回naomi&goro の伊藤ゴローさんがギター弾いてるし、もう本当に癒されます。

このアルバム聴きながら車の運転すると、穏やかな気持ちになり、ゆったりと安全運転♪しかも、気持ちの余裕からか、譲り合いの精神まで生まれる。運転マナーまで良くなるなんて音楽のチカラってスゴイ。。。

| | コメント (0)

2007年12月16日 (日)

家事推進機器 iPod shuffle

Img_1517_2 子供の持ち帰ったシューズを洗うのは毎週の事だが気が重い。

そんな時、iPod shuffleから流れるmusicを聴きながらゴシゴシこすってると、不思議なことに気付いたら洗い終わっていた。

これはいい!!

musicを聴きながらの作業は曲の世界を彷徨うので無心になれる。ゆえに時間の感覚があいまいになる。

あっという間に終わっちゃったよ。

家事に音楽、コラージュに音楽、お茶に音楽。

欠かせないね。

音楽に助けられてると思う今日この頃。私のコラージュもメロディを感じてもらえたらうれしいな。リズミカルなコラージュが信条なんで。

| | コメント (0)

2007年12月13日 (木)

浮遊する音楽

capsule rmx Music capsule rmx

アーティスト:capsule
販売元:ヤマハミュージックコミュニケーションズ
発売日:2007/10/10
Amazon.co.jpで詳細を確認する

今、フェリシモさんの企画でコラージュ制作しています。そんな時、私を別の世界に連れて行ってくれて創作のイマジネーションを与えてくれるのが中田ヤスタカの音楽。

音楽ってスゴイですよね。

メロディで違う世界にトリップできちゃうんですから。

生まれ変わったら、曲を作る人になりたい。

人を気持ちよくさせる仕事っていいなと。

指圧師もそうだけど。

五感をシビレさせるような作品が夢だな。

| | コメント (0)

2007年12月11日 (火)

月曜日もDIY!

Img_1327b Img_1322b 翌日はダンナだけDIY。

協力助っ人のお父さんが都合によりお休みなので、今日は私の出番みたい。

と言っても、アテにされてないのか、もしくは私も今、取り組んでいることがあるので、そちらを優先させてくれての気遣いからなのか、多分両方。。。殆どお声はかからず、日が暮れた頃に壁に板を張付けるのをお手伝いしました。

画像は朝、バスを納車してポップアップしてみました。やけに高い天井だと思っていたけど、上げてみたらちょうどいい具合でした。

休日はDIYで体は疲れるけど、精神的にはワクワクして楽しそう。

年内でどこまで出来るのかなぁ~。お楽しみに。

| | コメント (2)

日曜日はDIY!

Img_1279b

先日、5日にガレージDIYの予定と報告してましたが、ダンナさんの仕事が入り、日曜日に持ち越されました。

そして、この天気!気持ちよくDIYに励めるというものです。

Img_1281b今日は三角屋根の骨組みに板を張りつけるようです。

ワーゲンバスの天井をポップアップ出来るようにと天井を高く設計してあるので、お父さんが持ってきてくれた高い脚立が大活躍です。日曜大工が趣味というだけあって、いろんな道具を持っていることが今回の協力で明らかに。Img_1277b

ウチのダンナさんとお父さんの二人三脚を見てると、お互い控えめで穏やかだけど、確かな信頼感があり、いい親子だなぁ~と感動してしまいます。ガレージ工房が出来ていくのも嬉しいのですが、私はこういう親子の絆を見させてもらってることの方がしあわせを感じます。モノより愛情ですものね。Img_1320b

| | コメント (0)

2007年12月 8日 (土)

うねうね

Img_1266b ダンボールの『うねうね』にしびれます。

ちぎって、適当にコラージュ。

こういうラフなコラージュ、好きです。

カチッと額に入ったのより、

小さかったり、

大きかったり、

そうでなかったり、

思いつきで組み合わせた集合体。

偶然の産物が必然だったような気がしてくるから不思議。

コラージュって、面白い。

| | コメント (0)

2007年12月 6日 (木)

自分らしいコラージュ

Img_1268 「私が好きな感じのコラージュキット作ってみたら?」という声が聞こえてきたので、私の好きな感じとは、こんな感じです。

記号とかマーク、エアライン、サマンサ、ロゴとか好きです。

どちらかというと、メンズっぽいのが好みです。

でも、気が多いので違うタイプでも遊べちゃうのです。いろんな世界を表現するのが新鮮で飽きないし、楽しいのです。

なので、コラージュ制作も数作品を並行して作っていきます。立ったまま次から次へと短期集中で組み合わせを考えていきます。そして次の作品にグーッと入り込む。再び戻った時、新鮮な気持ちで作品と向き合えるので、楽しくまた取り組めます。

まさに感覚だけで作ってる状態。五感を研ぎ澄ませて、作品と対峙するのは脳が快の状態で最高に気持ちいい。こういう時に流れている曲は決まって中田ヤスタカ。多分、中田ヤスタカのメロディなしではコラージュは作れないなと思えるほど、音楽って大事。

で、今日も中田ヤスタカワールドで気持ちよくコラージュ制作しよ。

| | コメント (0)

2007年12月 5日 (水)

Tさんのガーデニング♪

Img_0906b

Img_0900b

Tさんはずいぶん前から夫婦でガーデニングを楽しんでおられました。

そして、夏の猛暑にもひるむことなく、早朝に雑草抜いたりしていたTさん。真のガーデナーか否かは夏の庭を見ると分かりますよね~。

9月末ごろ新興住宅地の家を見て廻った時、95%のお宅の庭は雑草が生えてました。夏の暑さ、蚊に負けずに庭をキレイに保つことが出来る人っていうのは本当に植物を育てるのが好きな人ですね。サカタのタネを買って、最初から育てるような人とか、そこまで愛情をかけれるなんて、きっと私にはまだ分からない楽しさがあるみたい。私はまだ、ビギナーなんで苗から派ですけど、いつか種から派に転身するのかなぁ~?Img_0904b

| | コメント (0)

2007年12月 4日 (火)

Tさん宅の玄関♪

Img_0914b

Img_0917b_2いつ来ても、Tさんの家は外のアプローチに足を踏み入れたら最後、見所が多すぎて、なかなかインターフォンを押すまでに時間がかかるのです。辿り着けないの。足が止まっちゃって。

で、玄関開けたらまた立ち止まってしまうのです。。。

よって、リビングになかなか到達しない。リビングに入っても興奮しているので、立ったままインテリアにウットリしたり、質問したりと忙しいのです。

ようやく納得して座り、ティータイム。すっきり片付いた空間にセンスのいいインテリア。花をさり気なく飾り、寛げる~。

私、栗原はるみさんが大好きなんだけど、身近に栗原さんみたいなTさんがいるので、こうやってまったりさせてもらって、本当にしあわせです。

  Img_0915 Img_0916b

| | コメント (0)

Tさん宅のリビング♪

Img_0925b 先月、友達のTさんのお宅にお邪魔しました。そしてステキな空間に身を置き、お喋りしてると心身ともにリフレッシュできました♪

今日はそんなステキな空間をご紹介しますね☆

対面キッチンのリビング側から見ると棚の裏にコルクボードを貼り、春にウチの教室で作ったコラージュが飾ってありました♪そして、挿し色の黒に合わせて、レトロなカメラが飾ってありました。

Tさんのご主人は大のカメラ好きで、撮る量もハンパじゃないけど、カメラの数もスゴイ!!コレクター気質なんでしょうね。そのうちの一つを譲り受けたそうです。こういうメンズっぽいモノがインテリアに加わると甘さが押さえられ、引き締まっていいですよね。

Img_0923b 滋賀のスターフェリシモ橋本さんのフラワー教室に参加して習った、私の作品を今回Tさんに見てもらおうと持ってきて、テーブルに飾ってティータイム♪Tさんは橋本さんのアレンジのファンなので、フラワーバスケットを見て、ますます滋賀の教室に参加したくなったようです。いつか一緒に行けるといいね♪

| | コメント (0)

2007年12月 3日 (月)

三角屋根

P1060354b_2  貴重な日曜日はダンナとお父さんのガレージ工房DIY♪

今日は三角屋根の骨組みをクレーンで吊り上げるというメインイベントが行われました。クレーンを作動すると子供達も小犬のように大はしゃぎ P1060356

丁寧で細かい細工もドンと来い!のお父さんとダンナのコンビは衝突する事も無く、穏やかにそしてスピーディーに作業は進んでいきます。

お茶出しの度に形を成す骨組みを見て、「早~っ!」と驚嘆せずにはいられません。私の仕事といえば、お茶出しとカメラ撮影のみなんですが・・・P1060366b

コドモもいつもはキャッチボールしようとかダンナにじゃれつくのに、DIYで忙しいので遊んでくれる相手を私にシフトしてきた。それで次男がツリーを出して、飾り付けがしたい!と言い出し、普通の飾りをツリーに飾るのはつまらないと長男が言うので、折り紙を飾る事に決定☆

しかし、私は鶴しか折れないので手先の器用な長男に教えてもらいながら、いろんな種類を折っていく。折り紙一つ折るにもいろいろと裏ワザがあって、 先を読んで考えて手を動かさないといけないのね。P1060369b

陽が沈むまでが勝負の外でのDIY。明日の天気は雨という事で、濡れない様に屋根にカバーして、片付けて終了!

次のDIYは5日です。お楽しみに。

P1060387b

| | コメント (2)

2007年12月 2日 (日)

私たちのお弁当

クウネルの本 私たちのお弁当 (クウネルの本) Book クウネルの本 私たちのお弁当 (クウネルの本)

販売元:マガジンハウス
Amazon.co.jpで詳細を確認する

雑誌『クウネル』に連載中の「エブリディ・マイ弁当」に掲載された記事をまとめたお弁当の本です。20~30代の主に女性のお弁当ですが、『クウネル』に掲載されるだけあって、みなヘルシー志向で主食は玄米率が高し、おかずも乾物を利用したり、野菜もたっぷり。どのお弁当も栄養のバランスが取れていて美味しそう☆

あと、お弁当の彩りや容器や包むものにその人のセンスが表れて見ていて楽しめます。70年代のデッドストックの布で包んだり、竹久夢二の椿柄のハンカチや和手ぬぐいなど、包む布もデザイン性に優れ楽しそう♪

容器もガラスの器や曲げわっぱなど、でも断然多かったのがステンレスの容器。2段とか3段の取っ手の付いたの。

他に目を引いたのは人参とか高野豆腐を型抜きして飾っていたのも美しくて見た目が綺麗でした。この前、尾道の商店街の和モノのお店で見かけたステンレスの抜き型やピックがほっこり和の気分を演出する小道具として気になったんですよね~☆

Img_1036そうそう、この本にはフェリシモさんのHPにも度々登場の冷水さんのお弁当も紹介されていました♪豚の角煮と大根ごはん弁当でしたよ。私も早速、大根ごはんを炊いてみました♪あっさりとして美味しかったですよ~。

この本に刺激されて、私も旬の野菜を使った料理を食卓に並べて美味しくいただきましょうか。ウチの子が通う小学校も『食育』に力入れていて、季節の野菜を使ったレシピ冊子とか配布してくれるしね。

| | コメント (0)

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »